Wirex(E-coin)のカード発行の手続きが終わり、手元に届いた後デビットカードにお金をチャージすればマスターカードを使えるところであればクレジットカードのように利用することができます。届いた後、地元のスーパーや楽天等で利用することができました。私が作ったのはUSD建てのデビットカードですが、チャージ金額を超えない範囲であれば使用感はクレジットカードと変わらないです。

スポンサーリンク



実際にデビットカードで買い物をするとWirexのログイン後の画面利用履歴を見ることができます。

 

wirex_how_to_use04584_1

Home画面の「Overview」の「USD Card」のタブで実際に買い物をした履歴を見ることができます。「System」の方は、Wirexのウォレットに対する出入金とデビットカードに対する出入金が表示されています。

上図は、楽天での買い物履歴です。赤枠が1つの取引履歴で、利用金額に対して青いアンダーラインの「TransactionFee」がかかります。上のトランザクションから計算すると2.6%程ですね。

Authorised…はチャージした金額からは利用した金額はひかれているけど、まだ決済はされていない状態です。利用した店舗が買い物したから$〇〇分の利用枠は確保しましたよ、という状態です。

ネットショップ等でカードで買い物をした場合、すぐに決済されるわけではないのです。

 

Wirexのデビットカードで買い物をする場合は、手数料を取られるということを覚えていただければと思います。

・関連記事

→ Wirex(E-coin)登録方法とカードの使い方

→ Wirex(E-coin)ID認証と限度額

→ Wirex(E-coin)カードにお金をチャージする方法

→ Wirex(E-coin)ATMでビットコインを現金化

 

スポンサーリンク





スポンサーリンク