暗号通貨(仮想通貨)の1つである、リップルコイン(Ripple)の取引所のそのほとんどがRipple Gatewaysが上位を占めています。ビットコイン(Bitcoin)での交換はもちろんですが、主要な通貨である、USD、日本円、元、ユーロでの交換が可能となっています。日本だと、「リップルコインジャパン」というサイトがRipple Gatewaysにあたります。円を通じてリップルを買うことが可能ですが、Ripple Gatewaysの次に取引量のある、ポロニエックス(Poloniex)の様な海外の取引所を利用したほうが良さそうです。(後術)

スポンサーリンク


取り扱い取引所一覧

公開日は2013年9月26日で、コイン発行上限は1000億XRP

公開後の2013年9月29日(チャートの左の山)と2014年7月5日(チャートの真ん中の山)で値を上げその後は徐々に右肩下がりとなっています。(対ビットコイン比)

ビットコインとの比較で一番高かったのは、0.00010190BTCで、低かったのは0.00000513BTC、なので20倍弱の落差がありますが、ビットコインの相場を交えないと実際の変動は見えてきません。

Ripple Website
仮想通貨ランキング一覧

Date Ripple(対BTC) Bitcoin(対USD) USD換算(XRP)
2013/09/29 0.00010190 $ 134.69 $ 0.01372
2014/07/05 0.00000513 $ 631.67 $ 0.00324
2014/12/18 0.00005884 $ 333.95 $ 0.00196
2016/06/08 0.00000996 $ 577.23 $ 0.00574

 

対ビットコイン比でのチャートは乱高下しているように見えますが、ビットコインの相場を交えてUSDの価値で見てみると幅は$0.00196~$0.01372で最大7倍となります。データを取った日付が1日ズレてる部分があるので、最大瞬間風速の様に各相場(ビットコインとリップル)を部分的に切り取ると、もっと価値が上がっている部分があるかもしれません。

儲けのポイントは急激に上がっている部分ですが、基本的にはビットコイン比でリップルの価値が上がったら、ビットコインの価値が下がっている。リップルの価値が下がったら、ビットコインの価値が上がっているという捉え方でよいでしょう。

リップルコインジャパン

リップルコインジャパンではリップル以外にも下記の仮想通貨を取引することが出来ます。

  • ビットコイン
  • イーサリアム(ETH・Ethereum)
  • ダオ(DAO)
  • ゲームクレジット(GMC・GameCredits)
  • ステラー(STR・Stellar)
  • ベイジアコイン(BSC・Baysia)

が購入できるようですが、1割増くらいの設定になっているようです。取引所のように、すぐに交換できるわけではなく、通販みたいなやり取りで購入する感じなのでやめたほうが良さそう。

他には、日本円からリップルを買うことのできるMr.Ripple(日本語対応)というサイトがもあります。こちらは、リップルの取引所があるのでいつでも(?)売買が可能なのかな?アカウント登録をしていないので詳細はわかりません。

リップル以外には、ステラ、ビットコイン、の取引ができるようです。

 

海外の取引所(リンクは内部リンク)

Source Pair Volume(24h)※1 Volume(%)※2
Ripple Gateways XRP/USD $ 225,831 28.97 %
 Ripple Gateways  XRP/CNY $ 181,343 23.27 %
 Ripple Gateways XRP/JPY $ 109,151 14.00 %
 Ripple Gateways XRP/BTC $ 106,574 13.67 %
 Poloniex XRP/BTC $ 75,898 9.74 %
 BTC38  XRP/CNY $ 24,459 3.14 %
 Ripple Gateways XRP/KRW $ 15,924 2.04 %
 Poloniex XRP/USDT $ 11,569 1.48 %
 Kraken  XRP/BTC $ 9,135 1.17 %
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

※1 とある1日の国内外の取引所での取引量

※2 該当する暗号通貨の全取引量のうち、その取引所での取引された割合(ボリュームの少ない取引所は表示されていません。)

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク