仮想通貨(暗号通貨)のビットコイン(Bitcoin)についで取引量のある、イーサリアム(Ethereum)の購入方法について解説していきます。ここでは、Bitflyer(ビットフライヤー)というビットコインを購入することができる交換所を利用しますので、まだアカウント登録が済んでいない方は、下記のリンクを参照して下さい。

Bitflyerのアカウント登録方法

 

イーサリアムの購入方法

Bitflyerでは、日本円から直接イーサリアムを購入することは出来ません。しかも、ホーム画面ではイーサリアム・Ethereum・ETH等の表示がないので「イーサリアムの取引所どこ?」状態になります。とりあえず、イーサリアムを取引するためにはビットコインを購入する必要があります。ビットコインを購入したら「BitFlyer Lightning」という取引所を利用し、ビットコインとイーサリアムを交換することでイーサリアムを入手することが出来ます。

Bitflyerでのビットコイン購入方法につきましては、下記のリンクを参照して下さい。

Bitflyerでのビットコイン購入方法

BitFlyer Lightningの使い方

画面左側にあるリンクの「△BitFlyer Lightning」をクリックします。

how_to_bitflyer03554_1

すると怪しげな雰囲気のする黒いページに移動します。音を出している方は、ひっきりなしにパチパチ、ピョローン、ピョローンと音がするのでびっくりしないで下さい。慣れてくるとうるさいので、「設定」→「サウンド」の項目で消すことが出来ます。同様に設定から、トレード画面の色の選択をすることが出来ます。デフォルトの黒い画面が嫌な人はこちらから変更しましょう。

 

how_to_bitflyer03554_2

最初の画面では、ビットコインと日本円の取引所に接続されます。上図の白いバーのあるところが、今いる取引所になります。

イーサリアム(ビットコイン/イーサリアム)を取引する場合は、下図の白いバーのある「ETH↓0.025」をクリックします。「↓0.025」は相場を表すものなので上下の矢印と数値は、常に変化しています。

how_to_bitflyer03554_3

how_to_bitflyer03554_4

売り買いの仕方は「指値」、「成行」、「特殊」の3種類があります。

「成行」の方が簡単ですが、買いたい金額を指定して売り買いする「指値」で解説していきたいと思います。慣れてきたら細かに売り買いの注文が出せる「特殊」の方で取引しましょう。詳しくは、特殊の画面内にある「Bitflyer Lightningの特殊注文について」というリンクがありますのでそちらを参照してください。

Bitflyerでビットコインを買った時と同じように、上図右側の「数量」、「価格」に数字を入力して「売り」「買い」のボタンをクリックして、押したあとに出る注文内容に間違いがなければ「売り」「買い」をクリックしましょう。それで注文は完了します。

全力で買おうとすると、手数料の分が足りなくなり「残高不足」になります。売り買いしたい数量から0.4%程増減した数量を入力しましょう。

how_to_bitflyer0355_5

初めての買い注文をする時に、上図のように聞かれるとなんかためらいがちですが、トレードの最低数量である「0.01ETH」(上図はビットコインマーケットなので最低数量は0.001BTC)になるようにして、試しに買いの注文を出してみましょう。(※ 1BTC≒80,000円の時に、単価60,000円で買いを出しているので、注意書きが追加されています。)

実際に買ったという感触を得るために、ビットコインの場合は、「赤文字のASKの売り注文」と「黄色のBitの買い注文」の間にある「最終取引価格」で価格を設定すると、注文がほぼ確定すると思います。イーサリアムの場合は、上図で言うと黄色の一番上に来ている価格「0.02495」を入力するとすぐに取引がされます。相場によって違いますが、ビットコインなら80円分、イーサリアムなら17円分(2016年6月18日換算)で交換できるので恐れずクリックしましょう。

実際に買えたという感触を掴んだら、欲しい数量を入力して暗号通貨を買ってみましょう。

crypto_currency00156_5

取引が成立すれば、ホーム画面の「ETH資産」の部分が増えているはずです。(ポロニエックスに資産があるので画像では0ですけどね。)

ポロニエックス(Poloniex)ってなんだ?