Coincheck(コインチェック)は、日本語対応のBitcoin(ビットコイン)販売サイトです。ビットコインの他にも、イーサリアム(Ethereum/ETH)、イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)、リスク(Lisk/LSK)、ファクトム(Factom/FCT)、モネロ(Monero/XMR)等のアルトコインを取引することが出来ます。

基本的には、海外の暗号通貨(仮想通貨)取引所で交換するのが好ましいですが、海外の取引サイトに登録する事に気がひける方はこちらで交換してもよいでしょう。

それでは、コインチェックの登録方法を解説していきたいと思います。

スポンサーリンク



コインチェックの登録方法

coincheck_sign_up_1

coincheck_sign_up_2

上のバナーをクリックするとアカウント登録をするためのページに移動します。

移動先で、赤枠で囲われている、「メールアドレス」、「パスワード」を入力して「アカウント作成」をクリックします。

 

coincheck_sign_up_3

coincheck_sign_up_4

登録したメールアドレス宛にコインチェックから「Please Confirm Your Email address」という件名のメールが届いていますので、本文中にある赤枠のリンクをクリックしてメールの認証をしましょう。

ログイン画面に切り替わりますので、先程登録したメールアドレスとパスワードを入れてログインしましょう。

 

コインチェックアカウント作成後にすべきこと

coincheck_sign_up_6

先ずは画面上部の「ウォレット」をクリックします。

coincheck_sign_up_8

サイドメニューの設定をクリックしましょう。

coincheck_sign_up_9

まずは、ビットコインを売買するための手続きと、あなたのアカウントを守るための設定をします。

本人確認

coincheck_sign_up_10

すでに登録してしまった後なので、上図のようになっておりますが、確か運転免許証やパスポートの画像を送付して確認されれば本人確認は完了します。

ここでの確認は、本人の顔写真とIDに記載されている番号がはっきりと読み取れる必要がありますので、解像度や画像の容量に気をつけて下さい。不鮮明であったり、画像が小さくて読み取れない場合は、認証されない可能性があります。

電話番号認証

coincheck_sign_up_11こちらも同様すでに認証済みになっておりますが、お手持ちの携帯電話の番号を入力して「SMSを送信する」をクリックすると、携帯電話に「認証コード」が届きます。

その数字を「送信された認証コード」に入力して「送信する」をクリックすることで電話番号の認証が完了します。

ここまでが、本人確認の作業となります。

二段階認証

coincheck_sign_up_12

こちらは、あなたのアカウントを守るための設定になります。

IDとパスワードでもログインして利用することもできますが、お金と同価値のものを取り扱うサイトに登録しているので、必ず2段階認証の設定をしてセキュリティレベルを上げておきましょう。

設定する前に、先ずは「Google認証システム」をスマホにインストールします。

→ google認証システム

表示されているQRにコードをスマホで読み込こんで、表示された6桁の数字を入力すれば、2段階認証の設定は完了します。

次のログインからは、ID/パスワードの入力後に、6桁の数字の入力を求められるのでスマホを忘れずに!

 

coincheck_sign_up_13

30秒置きに6桁のコードが変わるので、仮にID/パスワードが漏洩、ハッキングされたとしても、このコードがあなたのアカウントを守ってくれるというわけです。

 

暗号通貨と言っても、お金であることには変わりがないということを認識した上でID/パスワードの管理し、決して他人に教えることがないようにしましょう!

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

スポンサーリンク





スポンサーリンク