ビットリージョンBitregion)に興味を持っている方こんにちは。

日本でもまだまだ狭い範囲ではありますが、ビットリージョンのことを聞きつけて、日々検索されている方が増えているのをみると、怪しいと思うけどちょっと興味があることが伺えます。

他のサイトやSNS、セミナーなどでは勧誘しているのはみるけど、ビットリージョンに登録するとどんな感じで配当を得ることができて、ボーナスが貰えるんだろう?登録してみないとわからない事を含めてブログ形式ですこしずつ公開してみたいと思います。

スポンサーリンク



そもそも、私がビットリージョンに興味を持ったのは、まだ暗号通貨であるビットコインに興味を持って、ビットフライヤーでトレードし始めて1ヶ月程したころ、「1日1%配当がつくビットリージョン知ってる?」そんな感じでチャットで流れたので、とりあえずサイトに飛んでサイトちょっと見て、ネズミ?

ここまでは、大体登録される前の皆さんと同じ心境です。

そして、損得を考えるわけですね。

  • 1日1%だから100日で元本回収
  • 回収できないで終わる可能性はある
  • でも100日位ならいけるんじゃないか?

とりあえず、破綻しても痛くなく元本回収が早くなる5BIT(約30万)くらいなら試してみる価値はあるんじゃないか?と判断して登録してみたわけです。当時は1BTC=65,000円位だったので1月あたり10万くらいでキリが良かったので。

その時は、私が作った登録~配当を得るまでのサイトはもちろん無いし、詳しい情報を伝えるサイトがないというかリスクがわかった時点で調べることもせず、怪しさ満点で手続きを進めていき寄付の申請をしました。

5BTCくらいならとか言いつつ、最初に寄付の申請をしたのは0.1BTC。

だって怪しいもんね。

bitregion-blog1

試しながら寄付をしていったのが上の図からわかると思いますw

おっかなびっくり寄付をしていったのですが、7月4日の1BTCを寄付した時に「一気に寄付をしたほうがお得では・・・?」と思ったのです。それは、寄付の申請をするのに0.05BTC分(約3,000円)のパスポートが必要となるのです。上の3つの寄付の申請をするのに約9,000円使ったわけですね。ためらった分損をしたわけです。

とりあえず、配当は増えてるし「やるなら一気にだ!」と気づいたので、当初予定していた額を寄付したわけです。(少し足りないのは気にしない。1BTC~5BTCの寄付は1刻みなので少しケチった。)

 

そして約2ヶ月後(H28.9.9)・・・配当は大体60%程回収のはずです。

 

bitregion-blog2

最初の図の7月2日に最初の寄付の申請をして、9月9日に引き出せる配当を引き出した直後に撮った画像です。

赤枠(PHD)

PHDがビットリージョンの目玉である寄付に対する1日1%の配当の部分です。

bitregion-blog3

上図の画像の「Released」の部分が引き出したは当金で、「Dividend」が新たに発生した配当金になります。(引き出した後に湧き出る配当を止めることは出来ませんでした。)

  • 1.0BTC寄付 64日目 配当:0.64178470BTC 64.01%
  • 0.4BTC寄付 63日目 配当:0.25216782BTC 63.04%
  • 3.0BTC寄付 59日目 配当:1.76963438BTC 58.98%

寄付した時間帯が少し異なるのでずれはありますが、マッチングしてからの配当1日1%はしっかりと発生して引き出すことができております。

緑枠(PR、PO)

こちらは、寄付の申請、寄付の受取をする際にパスポート1枚消費するのですが、紹介した人が購入したパスポート代の10%がアフィリエイト報酬として入るようになっています。それの合計額が計上されています。

これはマルチ商法のスキームですが、特に営業する必要はなく寄付の申請(PH)、寄付の受取(GH)をする際に必要となるので、自分を含め紹介した人以下も必要とするものなので発生し続けるアフィリエイト報酬となります。

緑枠は自分が紹介した人からのアフィリエイト報酬(2ティア)ですが、OverRidingは紹介した人の紹介者が購入したパスポート代からの報酬(3ティア)になります。自分のクラスを上げる事で更にしたの紹介者からの報酬を得ることが可能。

黄枠(PHC)

寄付の申請をしたビットコインは、引き出すまで(満期後解約可能)は1日1%の報酬を得ることが出来ます。満期である20日後(送金確認後)は、何時でも寄付をしたビットコインを配当とともに引き出すことができますが通常は、配当だけの受取をします。

でも、そろそろ辞めたいと思って寄付金額を引き出した場合、引き出した金額がこちらに計上されます。記事の為に、最初におっかなびっくり寄付をした0.1BTCを引き出したらここに計上されました。

青枠(PHR)

ここは、自分が直接紹介した方がPHをした際にその10%が報酬として支払われます。上図では3.5BTCの報酬が発生しているので、私が直接紹介した人たち全員で35BTCのPHが行われた事になります。

下段の細かい数字

左の「1.48・・・」はBR内のランクを上げる為に使った費用

真ん中の「1.1・・」は紹介ボーナスになります。自分の紹介コードを介してコミュニティに参加して、自分の直下ポジションに付いた場合は、約0.15BTCの紹介手数料が支払われます。2段目に付いた場合は約0.1BTC支払われますが、2段目以降の紹介報酬を得るためには、自身のランクを1つ上げる必要があります。

右の「11」は自分を含めた紹介者

を意味しています。

約2ヶ月目の収益公開

ということで、約2ヶ月目のビットリージョンの収益は

寄付金額 4.5BTC → 4.4BTC(途中で0.1BTC減額)

 

配当関連(+) 2.87428167BTC

紹介報酬(+) 1.10003333BTC(直接送金分)

ボーナス (+) 3.61BTC

出金関連(-) 1.48999999BTC(主にランクアップ)

消費パス代(-) 0.45BTC

小計    約7.5BTC - 約1.5BTC - 0.45BTC

利益  5.55BTC - 4.4BTC = 1.15BTC(約7万) 約+26.1%

※ビットコインのレートがバラバラなので大体です。

ビットリージョンをはじめてから、寄付に対する配当は公約通りですが、PHRのボーナスが思ったよりも入ったことで配当を上回りすでに100%を超えるという結果になりました。(現段階で10人紹介したというのが大きいと思われます。)

1人あたり平均3.5BTCのPHを行っているということですね。

リスクを全面に打ち出した解説にもかかわらず、100日に「勝機有り!」と加入を決意した私と同じような方がいますが、できれば末永く続いてもらいたいものです。

なんか、年金みたいなシステムと似ていますが、運営がこっそりアルトコインでビットコインを運用をしていれば結構続くんじゃないかな?若者が入れる新たな(リージョン)年金にならないかな?と、密かに思っている次第です。

→ ビットリージョン登録から100日目

 

なんか儲ける話で終わると忘れがち!これは念頭に

→ BitRegion(ビットリージョン)はマルチ商法・ねずみ講なのか?考察

スポンサーリンク



お役に立ちましたら寄付をいただけるととても喜びます!

■ビットコインアドレス


13j4EYTKsR4jYzN3yMf2umDNVZCKEbUCw6

リンク先でアドレスをコピーできます。




スポンサーリンク