Bitregion(ビットリージョン)は寄付をしたビットコインに1日最大1%の配当がつくという高配当のプログラムです。つまり、寄付をしてから100日経てば元本を回収することが出来て、その後はずっと1%の配当を得ることができるわけです。そして、ついにビットリージョンに登録をしてから100日が経ったので結果をまとめてみました。

スポンサーリンク



ビットリージョン100日目の配当

最初はおっかなびっくり2016年7月2日に0.1BTCの寄付の申請したのが始まりでした。

ビットコインを実際にトレードをし始めたのが2016年6月下旬なので、こういったビットコインを介した高配当のプログラムに参加するのは初めてでした。リスクを理解した上で登録をしましたが、結構ドキドキしながらようやく節目となる100日を無事に迎えることが出来ました。

→ 登録から配当までを公開

上記のリンクは登録から2ヶ月目の記事となっています。

それからようやく100日を迎え、通常であれば寄付をしたビットコインと配当がトントンになるタイミングですね。

 

bit-region_20556_0

赤枠の部分がPHの申請後、マッチングして送金をしてからの経過日数です。すでに配当を受け取ったビットコインを示す「Released」と、配当を示す「Dividend」の数値を足すと寄付をしたビットコインよりも多くなっているのがわかるかと思います。

本当は、一番多い3BTCのPHが100日のところで画像を取りたかったのですが、ビットリージョンのメンテナンスに伴い、リンクのエラーが発生していたため節目となる100日を取り逃していまいました(泣

 

bit-region_20556_1

こちらが、ビットリージョンに登録してからの収益を表した表になります。

「青枠」、「緑枠」はプラス要因、「赤枠」はマイナス要因です。

プラス要因を「青枠」、「緑枠」に分けたのは、ビットリージョンに参加後、PHだけをして勧誘をしなかった場合に得られる配当、及びボーナスが「緑枠」、積極的に勧誘をした場合は「青枠」のボーナスが追加されるので分けました。私の場合は、後者になります。

前者の場合は、100日目で丁度寄付の申請と配当が釣り合い、100日目以降に発生する配当が今後不労所得となります。今は、バランス的には0の状態です。

少しでも、勧誘をしていた方は「緑枠」+「青枠」のボーナスが加わりすでに収益を得ることができています。

上の表を増減に沿って整理します。(小数点以下が細かいので以下4位を四捨五入)

●プラス要因

PR:0.295BTC

PHR:11.22BTC

PF:0.08BTC

PO:0.04BTC

PHD:4.652BTC

PHC:0.1BTC

AR:2.735BTC

計 19.122BTC

●マイナス要因

・クラスアップに使用した費用

AG:1.49BTC

・GH・PH時に消費したパスポート代(図には表示されていません)

Passprt:0.7BTC

・寄付しているビットコイン

PH:.4.4BTC

計 6.59BTC

●収益

19.122-6.59=12.532BTC

12.532BTC×68,800=862,201円

 

ということで、100日目を迎えた時点での収益は、勧誘を行っていなかった場合はここからが寄付をしたビットコインと配当が釣り合い、これ以降が本当の収益となりますが、勧誘を行うことで他のボーナスが発生し寄付をしたビットコインに対して約280%の利益をえることができました。(実際には、寄付の受取の申請中のものがあるので受け取っていない部分があります。)

例えば、10BTCの寄付をしていた場合は、1日あたり0.1BTCの配当があるので110日目に1BTCの寄付の申請をして受け取ることができれば初めてプラスになるわけです。

まとめ

最初は100日持てば配当生活!と思って始めましたが、意外にもボーナスの破壊力がスゴイという結果となりました。

紹介すればそれだけボーナスを得る事はできますが、勧誘される場合はしっかりと説明をした上で勧誘されてくださいね。一番紹介しやすいのは身内や友達だと思いますが、万が一があった場合、お金が絡んでいると関係がこじれお金では取り戻せない関係になってしまう可能性があります。

配当やボーナスの仕組み自体は危うさを含んでいますが、世界規模での展開でビットコインユーザーが増える中、メンバーは増え続けているのでいつまで続くかはわかりませんが興味のある方はやってみるのもありかと思います。

1日1%の配当なので100日を目処に考えがちですが、満期は20日(配当を引き出すまでには+3~4日)なのでビットコインを寄付にまわしている間を乗り切れば20%-初期費用の利益を得る事ができるので、実は100日に拘る必要はないのです。

まだいけそう?と思うのであれば、パスポート代である0.05BTCの費用でまた寄付をすることもできます。

 

ということで、ビットリージョン100日目を迎えた結果と感想でした。

 

スポンサーリンク





スポンサーリンク