ビットリージョン(BitRegion)は、ビットコインを寄付して1日1%の配当を得る事ができるサービスですが、ややセキュリティ面では甘い部分があります。2段階承認や画像承認など、ビットリージョン側が用意している対策もありますが、一度ハッキングされると取り返しがつかないことになりそうです。

スポンサーリンク

画像承認

これは、どちらかと言うと機械的にアカウントを作るBOT対策用だと思うのでハッキング対策ではないでしょう。微妙な画像がたまに出てくるので面倒です。

 

2段階認証

Google認証システムを使ったセキュリティですが、現段階ではこれを設定しておくのが一番でしょう。ビットコインといえども大事なお金です。自分の資産はしっかりと守りましょう!

設定するにあたっての注意点は、バックアップコードの発行がされなかったので、万が一スマホが壊れたとか紛失した場合に備えて、表示されたQRコードをスクリーンショット等に撮ってオフライン環境で保存する、プリントアウトして保管しておく等、対策は必要でしょう。

 

個人情報

現段階では、身分証明書の提出を促されますが、提出しなくてもPH・GHはできる状態です。

ちなみに、ログインをすると個人情報である、名前、性別、住所、国籍の変更ができます。変えても変更を告げるメールは来ません。

さらに、メールアドレスを変えても同様にメールは来ません。こういうサービスの場合は、大抵最初に登録をしたメールアドレスに承認を求めるメールが来たりするのですが、それがありません。

ハッキングされた場合、すべての情報を書き換えられて終わるような感じがします。

まぁ、ハッキングされてもGH申請をしてマッチングするまで待たないといけないので、すぐに抜き取られる事はありませんが。

身分証明書

それで、唯一変更することが出来ない個人情報が身分証明書です。

仮に、身分証明書を提出していない状態でハッキングにあい、運営に「ハッキングされました!」とメールを送れば、身分証明書の提出を求められるでしょう。当然登録情報も見られると思いますが、IDの方が優先順位は上でしょう。

しかし、身分証明書を提出しておらず、ハッカーによって個人情報が書き換えられているとなると運営もなかなか判断はしにくいでしょう。

IPアドレスとか、PH時のトランザクションリンクを提出して裏付けは出来そうですが時間がかかりそうです。

そうならないためにも、一応身分証明書の提出と2段階認証の設定はしておいたほうが無難でしょう。

 

また、フリーWi-Fiなど知らない通信環境下では接続しないようにしましょう。IDやパスワードを抜かれる危険性が高いです。

 

スポンサーリンク

お役に立ちましたら寄付をいただけるととても喜びます!

■ビットコインアドレス


13j4EYTKsR4jYzN3yMf2umDNVZCKEbUCw6

リンク先でアドレスをコピーできます。




スポンサーリンク