ビットリージョンに登録をして、0.15BTCの送金を終えた後は、Passportを購入してProveide Help(PH)をすれば配当を得られるようになります。登録後の状態でも、PHさえすれば配当は発生しますのでご安心ください。

次にホーム画面上部での個人情報等の設定や、メニューについて解説をしてきたいと思います。特に、配当を得るためには身分証明書であるパスポート(上記とは別の飛行機に乗る時に必要とする物)の提示が必要と記載されておりますが、現在は提示をしなくてもGHの申請をすることができるようです。(2016年8月末)

 

スポンサーリンク



 

配当を得るための手順は、ビットリージョン登録の記事に記載されているので、すでに終えられている方がほとんどだと思います。

それでは、ホーム画面右上にある項目から説明して行きます。

bit-region_08543_1

赤いアランダーラインの箇所は、Region Bank(RB)での保有している「Passport」の保有数と、RBで得た配当や報酬の合計になります。

ビットリージョン内で保有している、換金可能なビットコイン数と思っていただければいいです。これをGet Help(GH)することで、実際にあなたが登録したビットコインのウォレット(財布)に、ビットコインが送金されます。

青いアンダーラインはMicro BankでのデータでRBと同じです。Micro Bankはまだやったことがないので記事としては上げることは出来ませんが、ざっと見たところ、RBの10分の1のスケールでPHをすることができるようです。

 

ビットリージョンに登録をしたらまずやるべきこと

bit-region_08543_02

ベルマークをクリックすると、あなたの個人情報を提出する為の画面が表示されます。日本人が提出できるIDは、運転免許証(Driving License)かパスポート(Passport)になりますが、運転免許証で通った話をまだ聞いていないので、パスポートを提出するのが良いでしょう。

コミュンティメンバーの方から、日本の運転免許証でも身分証明書として通ったというご連絡をいただきましたので、運営から催促されたらパスポートか運転免許証の提示をしましょう。(2016年8月末追記)

※配当を換金する申請をするための必須事項となっておりますが、提示をしなくても今のところは寄付の申請をすることができるので提示したい方はしましょう。今後、受取に身分証明書の提示が必要になった場合は、運営から連絡があると思いますのでその時に提示すればよいかと思います。ただ、提示していない場合で2段階認証をせずにハッキングされた場合、メールアドレス等を変更されてしまい本人確認が困難となるためアカウントを取り戻すことが困難になるかと思います。唯一変えることができない情報が身分証明とセルフィーなので、提示していれば本人である証明になると思います。(H28.8現在)

 

 

bit-region_08543_03

・ID Type

パスポートにチェックを入れて、旅券番号を入力します。

・Personal ID

パスポートのカラーの画像を添付します。

「ファイルを選択」をクリッして提出する画像をアップロードしてください。

※「Personal ID」「Selfie with BR」で提出する画像の形式はJPEGかPNGで、ファイルの容量は2MBまでです。普通にスマホ等で画像を撮ればJPEGになっていると思いますので、ファイルの容量にだけ気をつけてください。

また、運営に提出する画像ですので、不鮮明であったり解像度が低すぎて文字を認識することが出来ないと承認されない場合があります。

bit-region_08543_003

無事にアップロードされると上図のように表示が変わります。

・Selfie with BR

登録者が「Personal ID」と、手書きで「BitRegion」と書いた紙をもって取った自画撮り写真を撮って提出します。

ちなみにこちらは提出していませんが、配当を受け取ることができているので必要ないかもしれません。

セキュリティーが強化れた場合は、案内なり警告が来ると思いますのでその時に提出すればいいのかもしれません。

先に、登録してしまいたい人は、下記の画像の様な自画撮り画像を添付して提出してください。(カラー)

bit-region_08543_4

ビットリージョンの設定についての解説

bit-region_08543_5

Personal Info

bit-region_08543_6

ここでは、ビットリージョン内で表示される自分のアバターと、氏名や住所等の個人情報を登録することが出来ます。

今のところは、本人の画像ではないし、個人情報は名前と性別、国籍だけの登録にしております。パスポートの情報どおりに入力しましょう。

こちらも、空欄の部分は運営から情報の提出を求められてからでも大丈夫かと思われます。

Communication Info

bit-region_08543_7

こちらは、携帯電話番号の登録と、メールアドレスの変更を行うことができます。いまのところは、電話番号の登録はしておりませんが、万が一パスワードを忘れてしまった場合、ログインが出来なくなってしまった場合は、本人であるという証明が欲しくなります。

それが、パスポートや携帯の電話番号、メールアドレスなので提示できる情報は入力しておいたほうが無難だと思います。

Social Media Info

こちらは、見慣れないアイコンがありますが、主にラインやスカイプの様にオンライン上で会話ができるサービスに登録をしている場合、登録をしておけば、コミュニティー内の人で登録をしている人と会話ができる様になっていると思います。(登録してないのでよくわかりませんが、設定しなくても問題ありません。)

Bitcoin Wallet

bit-region_08543_8

こちらは、BRに貯まった換金可能なビットコインをGet Help(GH)したビットコインや、自分の紹介コードで勧誘した方から送金されるビットコインを受け取るためのウォレットを登録・変更するところです。最初に登録したアドレスが表示されているので、あまり変更することはないと思いますが、ウォレットのアドレスを変更する場合は、くれぐれもアドレスに間違いがないようにしましょう。

 

Referral Setting

bit-region_08543_9

こちらは、ビットリージョン内でのユーザーネームとネット上で勧誘する際のReferral(自分用の紹介コード)を設定することが出来ます。いわゆる、自分専用のアフィリエイトコードですね。

半角英数字で5文字以上で日本語は使えません。

Change Password

bit-region_08543_10

パスワードの変更をすることが出来ます。

上2つの空欄に新しいパスワードを入れて、「Current Password」に現在のパスワードを入力して「Updete Password」をクリックすると、パスワードの変更をすることが出来ます。一度変更したことがありますが、特に登録したメールアドレス宛にメールが来ることなく、次のログイン時に再設定したパスワードを入れることでログインすることができました。

Security

bit-region_08543_11

通常のビットリージョンへのログイン方法は、メールアドレスとパスワードを入力すればログインすることが出来ますが、こちらを設定することにより、より強固にあなたのアカウントを守ることができます。

アカウントのハッキングによるウォレットの書き換えが数件報告されておりまます。すべて2重承認をされていない方でした。自分の資産を守るために設定することをお勧めいたします。

スマホに「Google認証システム」をインストールして、表示されているQRコードを読みこませることで2段階認証の設定をすることが出来ます。

詳しくは、「Google認証システム 使い方」等で検索すれば分かるかと思います。

QRコードを読み込むと30秒毎に変化する6桁の数字が表示されますので、それを入力して設定が完了します。

 

※仮に、スマホを紛失してしまった場合、ログインすることが出来なくなってしまうのでご注意ください。バックアップコードもありませんので、表示されている画面をプリントアウトして保管するか、スクリーンショットを撮って画像の保管(オフラインでの保管がベスト)、信頼できるご家族がいましたらその方のスマホでもGoogle認証をインストールして読み込ませるなどしてください。画像を保管する場合はバックアップ、他人に見られない様に配慮して下さい。

2段階認証を設定してログイン出来なくなってしまった場合は、ビットリージョンの運営に連絡をして解除してもらうことになると思います。そのためにも、他の個人情報の提出は、本人確認のために重要な情報と言えます。また、現在はPH、GHともに身分証明書を提出していなくてもできますが、万が一ハッキングにあった場合、あなただという証明をしなくてはならないと思われるため、身分証明はしておいたほうが無難かと思います。

 

bit-region_08543_13

登録後に出てくる画面は、2段階認証の解除になりますので、うっかり数字を入力して「Disable Two-Factor Auth」をクリックするとせっかく設定した2段階認証が無効になりますのでご注意を。解除してしまった場合は、あたらにQRコードが発行されるので、そちらのバックアップは忘れずに。

 

ビットリージョンでは、2016年8月頃から実施されたログイン情報を入力後、画像の承認をしなければならなくなりました。

bit-region_08543_012

画像と配置は毎度変わるため、赤線部分の条件に一致する画像をクリックして「Verify」をクリックしましょう。画像のバリエーションは豊富で、「木」、「看板」、「バス」、「クッキー」等があります。英単語の意味がよくわからない方は、左下の丸矢印をクリックして画像を変えてみましょう。

何度も、同じIPでログインするとこの行程は勝手に省かれるようになったと思いきやまた画像認証を求められたのでなんかの設定なのかな?(H28.9.10追記)

2段階承認を設定した方は、この後に6桁の数字を入力することになります。
ビットリージョンに関するお問い合わせがございましたら
下記のリンク先のフォームからお願い致します。

 


ビットリージョンブログ 登録から配当までを公開

→ ビットリージョンに関するお問い合わせフォーム

 

スポンサーリンク



お役に立ちましたら寄付をいただけるととても喜びます!

■ビットコインアドレス


13j4EYTKsR4jYzN3yMf2umDNVZCKEbUCw6

リンク先でアドレスをコピーできます。




スポンサーリンク