Bitregion(ビットリージョン)に寄付を行った場合の配当金の一覧表です。寄付をした金額によって元本を回収できる期間が異なるので、最初に寄付(Provide Help)をする金額を決めるにお役立てください。

寄付をする金額が多くなればなるほど回収が早くなるので、一気に寄付をしたほうが結果的に多くの配当をえることができます。

スポンサーリンク



クリックで拡大出来ます。
bit-region_04115_1

Return

「Poor Market」 : 0.5%

寄付の申請をしたけど、まだ寄付する相手が決まっていない状態。3~7日ほどで大体マッチングするのでここの列はあまり見なくてもいいと思います。

「Average Market」

寄付の申請をしてから寄付する相手が見つかるまで(マッチング)の平均を示したもののようですが、この欄は無視していいです。

「Good Market」  : 1%

寄付する相手が見つかり送金の手続きを行って確認がされた場合、1日1%の配当金を得ることが出来ます。この列を参考にして期する金額を決めていきましょう。

 

図の上部で「Bronze」「Silver」など寄付するBTCによってランク付けがされているように見て取れますが、実際は寄付したBTCに応じてランク付けはされておりません。

単純計算でマッチングすれば100日で元本を回収することができる事になりますが、寄付をした金額が少なすぎると元本の回収はかなり遅れます。

と言うのは、登録後に支払う0.2BTCとPHの申請を行うのにPassport(0.05BTC)、寄付の申請を行うのにパスポートがそれぞれ1枚ずつ必要となります。合わせて0.3BTCの支払いが加味されているため、寄付する金額が少ないと元本回収が遅くなるというわけです。

※当初は登録時にクラスを上げるためのパスポートが1枚無料で配布されていましたが、現在はなくなりました。また、表ではそれを考慮しても0.25BTCですが、実際は寄付の申請にもパスポートが1枚必要となります。

お勧めなのは3BTC以上でのPHが、元本の回収が早くいいと思います。全くリスクが無いとも言い切れませんので、その辺はお財布と相談してください。

リスクを考えた上で資産に余裕のある方は、一気に30BTC寄付したほうがよいでしょう。マッチング後、ビットリージョンが運営を続ける限り、17日置きに5BTCを受け取る申請をすることが出来ます。この記事を書いている時のレートですと、大体180万円を寄付して、17日置きに30万円の受け取り申請をすることができる事になります。

※28年12月12日のレートでは約270万円を寄付して、17日置きに45万円の寄付の申請ができます。

ビットコインの価値の上昇がいかに配当に影響を与えるかがわかりますね。

→ ビットリージョン体験記&進め方

ビットリージョンに関するお問い合わせがございましたら
下記のリンク先のフォームからお願い致します。

→ ビットリージョンに関するお問い合わせフォーム

スポンサーリンク





スポンサーリンク