BitRegion(ビットリージョン)は、現在銀行や金融機関が担っている融資業務を、ビットコイン(Bitcoin)で行うという新しいスタイルのコミュニティーです。銀行であれば、預金者の預金を使い利益をあげていますが、ビットリージョンでは、ビットコインを寄付してくれる方を募集し、寄付の受け取りを希望する人を仲介することによって成り立っています。

ただ、寄付の受け取りを希望するには、先にビットコインで寄付を行う必要があります。寄付をすることにより、1日1%の配当が貯まっていき、一定数貯まることにより寄付の受け取りの申請をする事ができるようになります。

まだ、始動したばかりのコミュニティではありますが、日本でのビットコイン普及率はまだまだ低く参加者も少ないので、ビットリージョンに参加し配当を得るには今がチャンスと見ております。

→ ビットリージョンの代理登録(代行)、勧誘・セミナーのリスク

スポンサーリンク



BitRegionの仕組み

bitregion

ビットリージョンは、海外に拠点を置いており、残念ながら現在は日本語にはまだ対応していません。ホームページが対応している言語は、英語、中国語、カンボジア語となっております。

コミュニティに参加する場合、最初に参加費用として0.2BTCを支払う必要があります(口座開設費と思って下さい)。支払い後、Bitregionに寄付の提供(寄付ができるビットコイン数)を申請し、寄付の受け取りを希望する人とマッチングした場合、寄付の申請をした分のビットコインを送金します。そうすることにより寄付をしたビットコインに対して1日1%配当が発生します。

参加者がビットリージョンを通して寄付を行えるのは0.1~30BTCまでです。その配当として、毎日最大で1%(0.5~1%)の配当を貰うことが出来ます。

※申請をした段階で0.5%の配当が発生し、実際に送金をした場合1日1%の配当が発生します。期限内に送金をしなかった場合は、0.5%で発生していた配当は無効になります。

寄付に対しての配当は、20日を経過すると換金可能な状態となり、今度はその配当を寄付を受ける側として申請することで配当を得ることができます。

要するに、最初に寄付をする相手というのは、先に寄付をした人が配当を受け取る事ができるようになった人へ寄付をしており、ビットリージョンに登録をしている人の間でビットコインの寄付や受け取りを行っているのです。

普通じゃあり得ない配当割合ですが、銀行業務と異なり多くの人員を雇っているわけではなく、暗号通貨のやり取りをただ仲介しているだけなので、そういった無駄な経費が削減されるため実現できる配当だと考えられます。

銀行と大きく違うのは寄付をした場合、銀行の預金と異なり寄付をしたビットコインをすぐに引き出すことは出来ません。20日の満期を迎えた後に引き出すことが可能となります。

ここでの選択肢は、寄付をしたビットコインと配当を引き出すか、又は配当だけを引き出すかです。

例えば、10BTCを寄付をしていた場合、20日後の満期で発生する配当は2BTCです。配当だけを受け取りたいのであれば、2BTCの寄付の申請をします。

寄付をしていたビットコインを含めて寄付の申請をする場合、12BTCの申請をする事ができますが、寄付の申請は決められた数量でしかできないため、10BTCと2BTCの2つに分けて申請する必要があります。

※申請するためにはパスポート(0.05BTC)が必要となります。

bitregion_3

ビットリージョンの説明に、ピラミッド型の怪しい収益構造が出てくるので

「詐欺だ!」

「怪しい!」

「これって、・・・あれじゃないの?」

そんな、イメージを持たれる方も多いかと思いますが、ビットコインを寄付する人を増やすためには紹介報酬を出したほうが効率がいい気がします。日本で言うところのアフィリエイト収入や紹介者から得られる、2ティア、3ティアといったところでしょうか。この構造で得られる報酬は最初の内は微々たるもので、メインは寄付をすることによって得ることができる1日1%の配当です。

ネズミ講やマルチ商法のようにピラミッド型の下に属する人がなかなか勧誘(販売)することができず、報酬に結びつかないということはなく、登録後寄付の申請の手続きをすればすぐに0.5%/日の配当を得ることが出来、借り手が見つかれば1%/日の配当を得ることが出来ます。

借り手はすぐに見つかるの?と思われる方もいるかと思いますが、実際には申請をしてから3日前後でマッチングするのですぐに1%/1日の配当になります。(H28.8月現在)

ビットリージョンの方で勝手にマッチングされますので、海外の人と会話をする必要はなく、指定されたビットコインのアドレスに送金をするだけです。

→ BitRegion(ビットリージョン)は詐欺・マルチ商法、ネズミ講なのか

 

ただ単に、ビットコインを取引所やWalletに入れて相場に一喜一憂するよりは、寄付をして配当を得るというのもいいのではと考えます。

現在のところは、ビットリージョンへ4.4BTC’(約26万円/H28.8月)を寄付してみたところ、動画のように増えていきます。なんでマイナスになっているかといいますと、配当を引き出すとマイナスになります。今のところ寄付したビットコインの内、半分弱回収したことになります。

配当は実際にビットコインのウォレットで受け取っております。

私の上の人は寄付金額の限度額である30BTCの寄付をしているので凄まじい勢いで増えているでしょう。


ビットリージョンブログ 登録から配当までを公開

→ BitRegion(ビットリージョン)の登録方法

ビットリージョンに関するお問い合わせがございましたら
下記のリンク先のフォームからお願い致します。

→ ビットリージョンに関するお問い合わせフォーム

 

bitregion_2

 

 

 

 

スポンサーリンク





スポンサーリンク